セーブ&ロード

Save&Load

1.Clear World:現在のワールドの状態をクリアします。クリア項目を選ぶことが可能です。

・クリアできるもの

  • ダイナミックオブジェクト(動かせるオブジェクト)
  • フィックスドオブジェクト(固定したオブジェクト)
  • テキストシート
  • カード
  • ポータル


2.Save:現在のワールドの状態をセーブします。セーブ項目を選ぶことが可能です。PLAYER DATA及びWORLD DATAにテキストが出力されるのでこれをコピーして保存してください。

3.Load:保存しておいた文字列をPLAYER DATA及びWORLD DATA欄に貼り付けてからこのボタンを押すことでセーブデータが読み込まれてワールドが再現されます。ロード項目を選ぶことが可能です。

・PLAYER DATA:プレイヤー情報を出力・入力するためのテキストボックスです。

保存/呼び出しできるもの

  • 各プレイヤーが入力したStatusMenuの項目
  • プレイヤーの現在座標(TRAVEL SAVE:PLAYER DATAには対象のプレイヤーの現在位置も保存されるため、別のCatsUdonワールドにセーブデータを持ち越したい場合は位置情報を保存しないためSave時とLoad時両方でチェックを入れる必要があります。)
  • 各色のバッグに入っているオブジェクト情報

・WORLD DATA:ワールド情報を出力・入力するためのテキストボックスです。

・Load URL:外部URLからワールド情報を出力する為のテキストボックスです。ロードするセーブファイルがあるURLをここに入力して下さい。

保存/呼び出しできるもの

  • 現在設置されているダイナミックオブジェクト及びその座標
  • 現在設置されているフィックスドオブジェクト及びその座標
  • 現在設置されているシート類及びその座標
  • 現在設置されているカード類のデータ
  • サンコントローラーのデータ
  • 各オブジェクトの表示・非表示情報
  • ポータルの情報
  • イメージオブジェクトのURL
  • スカイボックスのデータ
  • 現在設定しているステータスの名前
  • CatsUdon SaveDataに保存されているセットの呼び出し
  • YAMA Playerのプレイリスト

4.Save/Load Anker:オブジェクトをセーブ&ロードする基準点を変更するアンカーオブジェクトを呼び出します。

5.Static Load:チェックをいれると、CatsUdon SaveDataに保存されているセットの呼び出しができるのはLoadと同様ですが、以下のような特徴があります。

  • 巨大なワールドデータ(セーブデータ5万文字を超えるもの)を呼び出し可能
  • StaticWorldLoadしたものは後からUnFixedや削除など、変更ができない(オブジェクトの追加はできます)
  • StaticWorldLoadでロードされるのはFixedされたオブジェクト情報とImageURL、SunData、SkyBox情報のみで他のデータはロードされない

WebSave(支援者限定機能)

任意のIDとPASSを設定してWEB上にデータをセーブすることができます。自動でバージョン管理もされます。

WebLoad

WebSaveしたIDを入れることでデータをロードできます。IDはSave ID or URLと書かれたBOXに入力してください。この時、PASSは必要ありません。支援者でなくても、IDを知っていればロード可能です。また、Versionにバージョンを入力することで、任意のバージョンのデータを呼び出すことも可能です。

タイトルとURLをコピーしました